吸引のデメリットは?

体重が減ったベイザー脂肪吸引のデメリット、というよりも脂肪吸引という行為そのものに付き纏う避けようのないデメリットとなるのですが、脂肪吸引は人間が行う施術ですので、どうしてもそれぞれの施術者の技量次第では美しく仕上げる事が出来ず、いびつな形に仕上がってしまう可能性があります。また、吸引部位以外には脂肪細胞は残っていますので、カロリー過多の食事を続けると部分的な肥満といったバランスの悪い体型になってしまう事も考えられます。ただし、これらのデメリットは評判の良い医師を捜す事や、極端にバランスの悪い食事を取らないように気を付けることなどで避けることのできる物でもあります。

また、これはデメリットとは少し違いますが、脂肪吸引では体重の変化は殆ど起こりません。気になる部分の脂肪をピンポイントに減らすことで見た目は変わりますが、基本的には体重計の数字は大きく変化しないというのが普通です。体重が変わるほどの大量の脂肪吸引には大きな危険が伴うためあまり推奨されないという事も、脂肪吸引によって体重に変化が起こらない事の理由の一つでしょう。

ベイザー脂肪吸引独自のデメリットというものは特にないため、基本的なデメリットは通常の脂肪吸引の物と同じと考えてよいでしょう。ただし、価格についてはベイザー脂肪吸引の方が高くなっています。これは、業者との協議の為クリニックが独自の値段を付けることが難しいという現状と、滅菌方法が特殊なため費用か時間が掛かる為、複数台を導入しているクリニックでなくては効率が悪く費用の回収率が悪い事、使い捨てのパーツが多く総合的な機械のメンテに費用が掛かる事などが理由となります。