ベイザー波の特徴

身体ベイザー脂肪吸引は普通の脂肪吸引とは違い、ベイザー波という特殊な超音波を使用しています。このベイザー波は脂肪に作用して、脂肪を柔らかく吸引しやすい状態にしてくれるため簡単に脂肪吸引が出来るというのがベイザー脂肪吸引の特徴です。

ベイザー波は脂肪のみに作用するため、吸入時に他の臓器を傷つける事なく施術をする事が出来るため、ダウンタイムという施術後に次の施術を行うまでの休止期間が通常の脂肪吸引よりも短く済むと言われています。ただし、これについては他の脂肪吸引でもダウンタイムは極力少なくなるように努力している事がありますので、それほど変わらないとも言われていますのであまり気にしなくて良いかもしれません。

その他の効果として、ベイザー波の効果で脂肪が柔らかくなっているため、通常の吸引では硬くて吸引できなかった脂肪であっても吸引する事が出来るという事があります。その脂肪吸引は9割ほども吸引できると言われていますので効果の高さがよく分かるでしょう。このように脂肪吸引率が高ければ吸引時の脂肪細胞の偏りによってスタイルが悪く見えるという事も少なくなるでしょう。また、ベイザー脂肪吸引ではヘイザー波で脂肪細胞のみを遊離させてから、吸引管ベントXで吸引します。

ベイザー脂肪吸引(Vaser脂肪吸引)は、まず皮下脂肪層をベイザー波で脂肪細胞のみを遊離させます。その細胞を特殊な吸引管ベントX(VentX)で丁寧に吸引して行きます。

非常に脂肪の吸引がしやすく皮膚や筋肉の組織を傷付ける事が少ないので施術後の肌のたるみが少なくなると言われています。