吸引のデメリットは?

体重が減ったベイザー脂肪吸引のデメリット、というよりも脂肪吸引という行為そのものに付き纏う避けようのないデメリットとなるのですが、脂肪吸引は人間が行う施術ですので、どうしてもそれぞれの施術者の技量次第では美しく仕上げる事が出来ず、いびつな形に仕上がってしまう可能性があります。また、吸引部位以外には脂肪細胞は残っていますので、カロリー過多の食事を続けると部分的な肥満といったバランスの悪い体型になってしまう事も考えられます。ただし、これらのデメリットは評判の良い医師を捜す事や、極端にバランスの悪い食事を取らないように気を付けることなどで避けることのできる物でもあります。

また、これはデメリットとは少し違いますが、脂肪吸引では体重の変化は殆ど起こりません。気になる部分の脂肪をピンポイントに減らすことで見た目は変わりますが、基本的には体重計の数字は大きく変化しないというのが普通です。体重が変わるほどの大量の脂肪吸引には大きな危険が伴うためあまり推奨されないという事も、脂肪吸引によって体重に変化が起こらない事の理由の一つでしょう。

ベイザー脂肪吸引独自のデメリットというものは特にないため、基本的なデメリットは通常の脂肪吸引の物と同じと考えてよいでしょう。ただし、価格についてはベイザー脂肪吸引の方が高くなっています。これは、業者との協議の為クリニックが独自の値段を付けることが難しいという現状と、滅菌方法が特殊なため費用か時間が掛かる為、複数台を導入しているクリニックでなくては効率が悪く費用の回収率が悪い事、使い捨てのパーツが多く総合的な機械のメンテに費用が掛かる事などが理由となります。

ベイザー波の特徴

身体ベイザー脂肪吸引は普通の脂肪吸引とは違い、ベイザー波という特殊な超音波を使用しています。このベイザー波は脂肪に作用して、脂肪を柔らかく吸引しやすい状態にしてくれるため簡単に脂肪吸引が出来るというのがベイザー脂肪吸引の特徴です。

ベイザー波は脂肪のみに作用するため、吸入時に他の臓器を傷つける事なく施術をする事が出来るため、ダウンタイムという施術後に次の施術を行うまでの休止期間が通常の脂肪吸引よりも短く済むと言われています。ただし、これについては他の脂肪吸引でもダウンタイムは極力少なくなるように努力している事がありますので、それほど変わらないとも言われていますのであまり気にしなくて良いかもしれません。

その他の効果として、ベイザー波の効果で脂肪が柔らかくなっているため、通常の吸引では硬くて吸引できなかった脂肪であっても吸引する事が出来るという事があります。その脂肪吸引は9割ほども吸引できると言われていますので効果の高さがよく分かるでしょう。このように脂肪吸引率が高ければ吸引時の脂肪細胞の偏りによってスタイルが悪く見えるという事も少なくなるでしょう。また、ベイザー脂肪吸引ではヘイザー波で脂肪細胞のみを遊離させてから、吸引管ベントXで吸引します。

ベイザー脂肪吸引(Vaser脂肪吸引)は、まず皮下脂肪層をベイザー波で脂肪細胞のみを遊離させます。その細胞を特殊な吸引管ベントX(VentX)で丁寧に吸引して行きます。

非常に脂肪の吸引がしやすく皮膚や筋肉の組織を傷付ける事が少ないので施術後の肌のたるみが少なくなると言われています。

脂肪吸引とは

体重脂肪吸引を考えていられる方はベイザー脂肪吸引という言葉を聞いたことがある方と思います。あまり聞きなれない言葉ではありますが、このベイザー脂肪吸引というものはどのような施術なのでしょうか。

まず、脂肪吸引というものは体内の脂肪細胞を直接吸引する事でダイエットなどの手間をかけずに理想の体型にしようという物です。脂肪細胞というものは、脂肪の合成・分解、蓄積を行う細胞でエネルギーを蓄える役目を持っています。この細胞が大きくなったり小さくなる事で太ったり痩せたりすると言われています。効果には個人差がありますが、脂肪細胞そのものを吸引するため施術後は脂肪がつきにくくなるようです。ダイエットと違ってリバウンドが起こる心配もなく部分的に痩せる事が出来るため、体のバランスを整えるというよりもスタイルを整える事に特化した施術であると言えるでしょう。ダイエットでは部分痩せというのは難しいですが、脂肪吸引では痩せたい部分の脂肪細胞を吸引してしまえばよいので簡単に部分痩せを実現できます。基本的な脂肪吸引の方法としては、脂肪細胞を止血効果のある麻酔で液状化させ、患部にカニューレを挿入し直接吸引するという物になります。また、カニューレを前後に動かす事でまんべんなく吸引する事が出来るので綺麗に吸引が完了します。ベイザー脂肪吸引はこの脂肪を柔らかくするという点について新たな手法を取り入れた吸引方法なのです

最新の脂肪吸引方法とも言えるこのベイザー脂肪吸引の様々な点をこのサイトでは紹介しますので、興味がおありの方はぜひご覧になってください。